DIARY

マスク展をみての、仮面のような王様のブローチ。

昨日、リニューアルして初めて、白金にある庭園美術館に行ってきました。



楽しみにしていた展示は「マスク展」。世界の地域別にその地で作られ、使われていた仮面の展示です。
それぞれに使われるシチュエーションやストーリがあって見ていて想像を掻き立てられる展示でした。
ということでおすすめ!です。

新しく出来た新館では展示にも登場したマスクに関する映像展示が。
とりわけアフリカ地域のお祭りの映像はおもしろい!60年代に撮られた、古く画像が荒かったり無音だったりするものでしたが迫力満点。自然とともに生きてきた民族の精神性や芸術性を一番感じました。

さてさて、というわけで本日ご紹介はこちらのブローチ



ずいぶん前に届いたのですが、ずっと紹介できずにいました。
1970年代のヴィンテージですが、見るからにハンドメイド。ブリキで出来ています。裏面にはサインが彫られていますが、製作者は不明です。素朴なつくりですが、迫力の表情や、丁寧に細工されたまつ毛やひげの感じ、どんなものを参考につくったのかな、とかどんな意図があるのかななーんて、こちらもいろいろ想像を掻き立てられるブローチです。
本日これからアップします。

庭園美術館、アールデコ建築と緑が美しい自然に囲まれた素敵な場所。是非、お時間があるときに行ってみてください。

〒158-0095
東京都世田谷区瀬田1-12-32
電話:03-3709-2341
e-mail:cjs@bellecapri.com
二子玉川駅より徒歩5分。

12:00-19::00
日・月・木・祝日 休み

ヴィンテージ トリファリ ミリアムハスケルが充実 
ベルカプリオンラインショップ

↓マスク展限定がちゃがちゃ。「おみくじ」ならぬ「ますくじ」をしました。