DIARY

Matisseのリーフシリーズ(ヴィンテージコスチュームジュエリー)

今週はずっと晴れかな?なんて思っていたら今日は雨。しかもとっても寒くて、ちょっと厚手の上着を羽織って家を出ました。水曜日はお店で半袖のワンピースを着ていたのに、この違いよう。。。



さてさて、昨日は今日と違って晴天、国立博物館で開催中のブルガリ展を見てきました。いち早く見に行った友達から「いやーすごかったよ」と聞いていたのでワクワクしながら上野へ。「木曜日だしすいているかな?」なんて思いましたが、見たところ50-60代くらいのご婦人で結構にぎわっていました。まばゆいダイヤモンドの輝きに「ほほほー」とため息をつきつつ、ちょこちょこと耳に入ってくるご婦人の会話がとっても楽しい!「私があと40歳若かったらこれを旦那に買ってもらうわ~」とか「このネックレスは36センチくらいかしら?もっと長くないとだめよー。」とか、盗み聞きしてすみません!とおもいながらも、ついつい聞いちゃいました。こういう身に着けられるものの展示っていろいろ想像できるので楽しい!私も頭の中で何点か試着しちゃいました!

そして、先日アップしてとてもご好評いただきましたmatisse。コチラのリーフブローチ、イヤリングもとってもきれいです。写実的な蔦の葉にくるくるんとアクセントとなるメタルの細工がされていて、軽やかな雰囲気!色違いでずいぶん印象も違いますが、どちらも秋の装いにおすすめです!是非ご覧になってみてください。

matisseのジュエリーはこちらから!





話しは博物館に戻って、久々に訪れたので常設展示も見てみました。東洋館よりシリアの遺跡から出土した「顔つきの土器」そして「目の偶像」が私の「なにこれ―変なのー!」ボタンをぽちっと押しましたので最後にご紹介。ボスに話すと「ほんと変なものが好きねー」と言われちゃいそうなので、こっそり。



顔つき土器も目の偶像も10センチ以下のミニサイズ。目の偶像は石板で出来た目と眉毛に体がついた像で、単式以外に、2連式、3連式、親子式、帽子や冠をかぶったものもあるそうで、神殿から出土したため、神に対する奉納品ではないかということだそうです。古いものって面白い!

ちなみにこの目の偶像、東京博物館のブログでも紹介されていました。→こちらです(^^)

〒158-0095
東京都世田谷区瀬田1-12-32
電話:03-3709-2341
e-mail:cjs@bellecapri.com
二子玉川駅より徒歩5分。

12:00-19::00
日・月・木・祝日 休み

ヴィンテージ トリファリ ミリアムハスケルが充実 
ベルカプリオンラインショップ