DIARY

獅子のペンダント(ヴィンテージコスチュームジュエリー)



国立新美術館で開催中の貴婦人と一角獣という展示を見てきました。西暦1500年頃に製作された6枚からなる大きなタピストリー。それぞれ中心には貴婦人、その横には旗を掲げた一角獣と獅子が並んでいます。人の五感を表しているそうで、タピストリーによって表情やポーズ、服装が異なるのですが、本当にどれも素敵!ユニークな動物たちや草花に囲まれ、素朴ながらも華やかな千花文様はずーっと眺めていたくなるほど魅力的でした。


本日は展覧会に登場した獅子にかけて、
60~70年代ヴィンテージの大きなヘッドのついたペンダントをアップ!



1本はアメリカmonet社のペンダント
大きな獅子のゴツゴツしたフェイス。口には赤茶の天然石が留められ、目にはグリーンのラインストーン。ユニークで楽しい!


獅子の顔のペンダント(S5448)sold out
もう一本はゴールドのサークルにつながれた獅子。厳つい顔で何かを狙っているようです。


獅子のペンダント(S5447) 8,400円

個性的なこの2本。ちょっと遊びで、楽しくつけてみてください。

〒158-0095
東京都世田谷区瀬田1-12-32
電話:03-3709-2341
e-mail:cjs@bellecapri.com
二子玉川駅より徒歩5分。

12:00-19::00
火・水・・金・土曜日 営業

ヴィンテージ トリファリ ミリアムハスケルが充実 
ベルカプリオンラインショップ